Loading...

【2017年版】1泊2日で陶器市をはしご!益子陶器市と笠間の陶炎祭で焼き物とじっくり向き合う休日

「いつかはあの鑿を使いたい」日本と世界から熱い眼差しが注がれる、鑿鍛冶職人親子のものづくり

「日本のカトラリーを宇宙まで」柳宗理と燕三条のものづくり 日本洋食器

暗いトンネルの先に希望は見えるのか? 都会の竹工家 初田徹

桐箪笥文化を次の世代へ。受け継ぐ想いと共に再生する箪笥 酒井指物

「叩く」ことに意義を見出したかった 親子二代の真剣勝負 日野浦刃物工房

これが日本の燕の底力!「結集型」ものづくりの秘訣 ササゲ工業

甲州印伝の産地を復興させたい。新たな挑戦を続ける若き職人 印伝の山本

着るだけでは終わらない。ニット業界に新しさを吹き込む2代目の野望 白倉ニット

卸売業とコミュニティづくり、二足のわらじを履く三条の仕掛け人

母と娘の職人スピリットが輝く日光彫の「夜明け前」 平野工芸

「わざわざ来ていただくために」日本中にファンを持つ長野の人気店 わざわざ

営業マンから「のれん屋」へ。 安曇野の森から色で結ぶものづくり 十色屋

良いものを作っても売れない時代。これからの売り方の処方箋 台東デザイナーズビレッジ鈴木村長インタビュー【ファッション編】

東京の下町 サンダル履きでふらっと買いに行ける「江戸千代紙」 いせ辰

IID世田谷ものづくり学校の日本の「モノだけではなくコト=文化創り」

変わらない技術と変わり続けるものづくり。 江戸に続くべっ甲メガネの老舗 大澤鼈甲

関東2大陶器市へ。益子の陶器市と笠間の陶炎祭で「かさましこ」体感。

TOPに戻る